累計発行枚数15万枚突破
>> SSLストアなら24時間365日自動発行。14,000社が利用中!! <<

Geotrust,RapidSSL,Symantecの証明書の再発行手順を教えてください

Geotrustご利用のお客様は以下より再発行手続き(無償)が可能です。

■ジオトラスト注文情報ページURL
https://products.geotrust.com/orders/orderinformation/authentication.do
※RapidSSL、シマンテックの証明書もジオトラスト注文情報ページURLよりお手続きできます。

以下の内容を用意いただき、お申し込みください。

*お客様によりお申込時に指定された下記事項
・CSR情報の”Common Name”
・サイトのAdministrator Contact 情報の”連絡先メールアドレス”
・”サイト承認メールアドレス”
*再発行のために新たに準備するもの
・”CSR”

ユーザポータルサイトアクセス手順

1.ユーザー認証サイトへアクセスします。
Geotrust(RapidSSL含) 注文情報ページURL
※シマンテックの証明書もジオトラスト注文情報ページURLよりお手続きできます。

2.コモンネーム、証明書を受取るメールアドレス、画像認証コードを入力し「Continue」ボタンを押下します。


3.一覧に表示されている対象の証明書のレコード右にある「Request Access」ボタンを押下します。


4.ユーザポータルサイトアクセスURLの送付
「Request Access」ボタン押下後、3~10分程度で「1.ユーザー認証」で入力したメールアドレス宛にユーザーポータルサイトへのアクセスURLが届きます。

メール本文の「ユーザーポータルアクセスURL」の部分に記載されるURLへブラウザからアクセスします。

再発行方法

ユーザポータルサイトログイン後、左側メニューの「Reissue Ceritificate」へ進んで頂き対象の証明書を選択し、
CSRを貼り付けて下さい。

■補足
*証明書の開始日は、再発行した日となります。
*証明書の失効日は、変更されません。
*コモンネームを変更する事は出来ません。
*再発行手続き後、承認確認作業が必要となります。

証明書再発行手続き後、証明書が届かない場合

証明書の再発行が完了している場合、ユーザーポータルサイトにてステータスの確認を行い証明書をダウンロードする事ができます。

以下に、この手順をご案内いたします。

  1. ユーザーポータルサイトへアクセス

    ユーザーポータルサイトへアクセスします。

  2. ステータスの確認

    20170720_01図1-1

    図1-1の赤枠の「View Certificate Infomation」のリンクを押下し、同赤枠の「Status」の値を確認します。

    「Status」の値は「Active」又は「有効」、「Active and Valid」の場合は証明書の再発行が完了となります。

    ※注意:再発行手続き及び承認手続き完了後、このステータスをご確認ください。
        再発行前のステータスが「Active」又は「有効」、「Active and Valid」でも再発行手続きは完了していません。

  3. 証明書のダウンロード

    再発行手続き及び承認手続き完了後、ステータスにより再発行の完了が確認できたら、図1-1の赤枠の「Download」より証明書と中間証明書をダウンロードしてください。

    ※「Certificate」が証明書、「Additional Certificates」が中間証明書になります。