>>SSLストアなら24時間365日自動発行。1万社が利用中!!<<

Microsoft IIS 7.0/7.5

  • ※本手順については、設定の状況などにより表示している画面が異なる場合があります。
  • インターネット インフォメーション サービス(IIS)マネージャ

    「管理ツールから」-「インターネット インフォメーション サービス(IIS)マネージャ」を実行します。

    インターネット インフォメーション サービス(IIS)マネージャ:サーバーの機能ビューホームから「サーバー証明書」を選択します。

  • インターネット インフォメーション サービス(IIS)マネージャ

    サーバー証明書右側「操作」メニューから「証明書の要求の作成…」を選択します。

  • IIS 証明書ウィザード

    【一般名(M)】 コモンネーム(SSL接続の際のURL:FQDN)を入力します。
    【組織(O)】 サーバー証明書の申請団体の正式英語組織名(会社名・団体名)を入力します。
    (例:Japan Certification Services, INC.)
    【組織単位(OU) (U)】 部門名・部署名など、任意の判別文字列を入力します。
    (例:Web、Service など)
    【市区町村(L)】 市区町村名をローマ字表記で入力します。
    (例:Minato-ku)
    【都道府県(S)】 都道府県名をローマ字表記で入力します。
    (例:Tokyo)
    【国/地域(R)】 JP/日本 を選択します。(固定)

  • 暗号化サービス プロバイダーのプロパティ

    サーバー証明書:暗号化サービス プロバイダーのプロパティ
    暗号化サービス プロバイダー(S):「Microsoft RSA SChannel Cryptographic Provider」(既定値)を選択します。
    ビット長(B):これから生成する公開鍵の鍵長「2048」を選択します。
    選択後は、「次へ(N)」ボタンを押下します。

  • ファイル名

    サーバー証明書:ファイル名
      「証明書の要求ファイル名を指定してください(R)」に、生成したCSRが、指定したパス、ファイル名(テキストファイル)で保存されます。ファイル名指定後は、「終了(E)」ボタンを押下します。

    Csr-sample

    このCSRはサンプルです。使用する事ができません